もうすぐ世界陸上

あっという間に8月となり、もうすぐ世界陸上が開幕します。

今年の注目はやはりボルト選手でしょう。

次の世界陸上は2年後、五輪は3年後です。おそらく彼の絶長期は現在だと思うので、最速の走りを見るなら今しかありません。

その他のマラソンの注目はケニア、エチオピアの選手です。日本からは川内をはじめとして男子5人女子3人が出場しますが、メダルは厳しい状況。

入賞狙いで粘り食らいついてほしいところですね。

世界陸上といえば、そのほか織田裕二さんの司会にも目がいきます。最近はoh my dadというドラマで熱演していますが、やはり彼の真骨頂は「きたー」という叫び声でしょう。今年も暑い夏が余計に暑苦しくなると思います(笑)。

日本国内の100メートルの話をすると、特筆すべきは桐生選手です。高校総体記録を出したかと思うと、100メートル×4リレー、200メートルと合わせて3冠です。日本人選手では彼を超えるスプリンターはしばらく出てこないと思うので、このまま成長していって、アメリカやジャマイカと勝負できるようになってほしいです。

9秒台を出すだけでなく、さらにその上を目指してやってもらいたいです。彼ならできると思います。