iPhone5c?iPhone5s?それともアンドロイド?

8月から、スマートフォンの新機種を買うかどうか悶々としている。

雑誌を買っては納得できず、インターネットで調べても納得できなかった。
そんな折、2013年9月10日にAppleから新機種の発表があると聞いて、その日が待ち遠しくなった。特別、Appleのファンであるわけでもないけれど、Appleの新製品というだけで心が躍った。それまでは電子書籍や音楽やインターネット、動画を楽しみたいと思っていたので、タブレット端末の購入を考えていた。
タブレット関連の雑誌を買い、どんな機種があるのか、調べたりもした。僕はそこまで、端末やインターネットの知識があるわけでもないので、ただデザインと機能、性能、販売価格を判断基準にして探していた。
タブレットは端末の値段が安いわりに、機能も性能も充実しているため、もうほとんど買うつもりでいた。

しかしタブレット端末のサイズが若干大きく感じられることや重さがひっかかってしまった。そのため最終判断は、Appleの発表を待ってから決めることにしていた。結局のところ、Appleからの重大ニュースは僕の予算の都合上、iPhoneの購入は見送られている。
iPhone5cか、それともiPhone5sにするのかといった議論は、価格差で決められそうだ。性能で比較すれば、iPhone5sに軍配があがる。しかし僕には、そこまでお金を出して気になる上位機種端末を買いたいとは思えなかった。

iPhone5cと比較すると十分な性能の差があり、価格の差以上の性能がiPhone5sにはあるように思う。しかし僕はその若干の差の金額を埋めるほどの購入意欲はなかった。正直、高いと思ってしまった。
むしろ今回は、iPhone5cのカラーバリエーションの多さと、端末の材質がポップで楽しそうだったため、そちらに心が惹かれている。iPhone5sは、デザインや材質が高級感があっていいけれど、iPhone5cのスタイリッシュでポップな感じの印象のほうが良かった。しかし、それでも端末の値段が高かった。
廉価版だと期待していたのに、販売価格を知って、購入意欲が失せてしまった。僕はまたもや心が別のところにうつってしまった。SONYのXperiaシリーズである。機能もデザインもいい!価格はiPhone5cと同程度。アンドロイドは使いこなせないまま終わってしまう気がするのと、端末を処分する際、あまり高く売れないこともネックになっている。ところで、iphoneをはじめとるするスマホには、カメラがついています。そして、カメラを取るとシャッター音がなります。
しかし、中には、音がならないカメラアプリもあるのだとか。それを悪用する人も多いようです。そうすると、犯罪に使う人もいるのだとか。もちろん盗撮は犯罪です。盗撮をして弁護士のお世話になってから後悔しても遅いのです。

ほとんど申し分がないため、歯がゆい。何を優先させるのか、それによってどの端末を購入するのかが決まるだろう。でも結局、頃合を見てAppleにすると思う。それでiPhone5cにすると思う。やっぱり、アンドロイドはなんとなくハードルが高いと気が引けるからだ。これを逆転する要素が今のところない。