大切な家族を守るために調査した

来月、三歳になる息子さん。
だいぶ、しゃべれるようになってきたのは良いけれど、接続詞がおかしかったり、形容詞がおかしかったり、思わず笑ってしまう事もしばしば。

男の子の例外に漏れず、緊急車両や工事車両の好きな彼が、何度訂正してもちゃんと言えない言葉がある。
「パトカー(パトロールカー)」が言えない。
どうやら「パポパポ~」と鳴ってるから「パポカー」と思っているようである。
大人じゃどうにも発音できないのだが、彼は器用に舌を丸めて、「パポキャ~」と発音。
「ねぇねぇ!パポキャ~来たよ!パポキャ~! どこ行くんだろうねぇ~パポキャ~」
運転中、後ろではしゃぐ息子の声に、毎日笑わせてもらえる。

もっとも、いいことばかりでもありません。
心配事があるんです。

それは夫の浮気。近頃、外でご飯を済ませてくることが多く、おかしいなとは思っていたんです。
そうしたら、アクセサリーを買ったレシートがポケットから出てきたのです。もちろん主人はそんな物は就けませんから、女性の物で間違いありません。
私もそういう趣味は全くないので、私に買ってくるはずもありません。
そこで、浮気調査に強い興信所を使って調べたところ、やはり黒でした。女性と週3で会っていたのです。

でも、子供のことを考えると離婚には踏みきれません。
妊娠してからこの子のために生きてきたようなものです。

妊娠中は甘いものが食べたくなる、すっぱいものが食べたくなる、等々いろいろな好みの変化が見られるようですが、私の場合は「日本食」でした。
海外にいる為、日常的に日本食を食べている訳ではないからでしょうか。

特に日本食が食べられなくて困ったことも、ここでの食事が嫌いなわけでもありません。

それなのに、妊娠初期のあの数ヶ月だけは、日本食が狂いそうに食べたかったのです。
そんな私を見かねて、母が日本食レストランに連れて行ってくれました。
そこで食べた鍋焼きうどんのおいしかったこと。
日本人なんだとしみじみ実感しました。

この母や子供のことを考えると、果たして高いお金を払って調査をしたことが正解だったかもわからなくなってしまいます。
人に相談するにせよ、相手がいません。

私の周りはそもそも結婚している人が少ないのです。心配をかけたくないですから、親にも言えません。
困ったなあと思いつつ、時間だけが過ぎていきます。